05
- 12月
2017
Posted By : smtuser
実態家賃募集がなんと1万円台 はコメントを受け付けていません。
実態家賃募集がなんと1万円台

先日、シェアハウス業者数社からの問い合わせがあり
スマートデイズ社に関連する入居者募集賃料があまりにも低すぎて困っています。
との相談でした。

なんと、15,000円で募集

こんな金額で、何故募集するのでしょうか?
シェアハウス業界の常識的賃料でなく
生活保護の家賃限度額より、はるかに低い金額

これでは、自分の首を自分で絞める
悪循環の連鎖です。
家賃0でも・・・・・
真っ赤嘘ですね

しかも、業界の秩序を無視して、自分の都合で
相場を無視する経営姿勢は傲慢としか思えない

安売りの実態があるなら
何故、物件購入者に事実を開示して
家賃0の根拠を示すべきなのに、隠し通して販売を継続し
結果、未入居のオンパレード

結果、シャアハウス業界を不安のある業界に仕立てた

諸悪の根源がスマートデイズ社

健全に運営するシャアハウス業界も大ダメージを被っています。

スマートデイズ大地が、詐欺を回避するために、下手に生き残るより
さっさと法的再生に舵を切ってほしいものです。

法的整理が出来ない、悪しき隠蔽工作でもあるのか?

事業再生の根拠は、簿記3級の子供でも作成できる
エクセルシートをオーナーに見せるだけ

子供だましが、何時まで続くのか?

Category: