27
- 4月
2018
Posted By : smtuser
当支援室を示唆する報道につきまして はコメントを受け付けていません。
当支援室を示唆する報道につきまして
昨今、当支援室を示唆するような記事等が出ており、
ご相談をいただいておりますオーナー様には、大変ご心配をお掛けしてしまい、申し訳御座いません。
 
当支援室におきましては、これまで不動産のローンや管理などについて様々な提案・情報提供を行ってまいりました。
 
その結果、ご相談いただいておりますオーナー様より、
「スルガ銀行との金利交渉の結果が思った以上の結果が出て良かった」
「新管理会社に依頼して入居率が急激に改善した」
など、とてもありがたい御言葉をいただいております。
 
ただ、その一方で、担当者が多忙の為、ご連絡がつきにくいこともあり、一部の方からご不満をいただくことがございました。
当支援室ではサポートがしっかりと出来ますよう、担当者以外の別の人間が御対応するなど、ご要望に沿えるよう努めてまいりましたが、ご不満の完全な解消にはつながらず、当支援室への悪評が出るような事態になってしまいました。
 
そして、支援室の中にはボランティアとして動いてくださっていた方々も数名きてくださっておりましたが
今回の記事が出た事により、その方々もやめていってしまい、さらに少人数でのサポートとなってしまっている現状です。
しかし、やらなくてはいけない事は何も変わらず、『オーナー様 皆様の生活の為に何をすべきか?』と思っております。

 

また、オーナー様のご意見の中には
『記事やグループLINEで色々言われてますが、私は本当に感謝してますし、応援してますのでこれからも宜しくお願いします!』
という目頭が熱くなる御言葉もいただいております。本当にありがとう御座います。
私たちは、そう信じてもらえる方々の為に活動を続けます。
 
融資の白紙撤回が難しいと考えられる状況において、当支援室は、『オーナー様 皆様の今後の為に本当に役立つ行動』を目指してまいりました。
 
オーナー様の不安を徒に煽るような記事や言動がございますが、そのような動きにはしっかりと対応しつつ、先に申し上げた目的を達するため、当支援室では、少しでもオーナー様のお力になれるよう、引き続き、支援活動を行ってまいります。
 
 
何卒、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
Category: